成年後見制度の種類

親が認知症などで、判断能力がなくなり、その財産管理に困っている場合は成年後見制度を利用することで、代理人がその財産を管理できるようになります。また、違うケースとして親族間で親の財産について揉めていたり、あるいは親族が勝手に親の財産を使っていたりする場合も、弁護士に相談し、成年後見制度を利用することでトラブルの解消できます。こういったケースの後見人制度を法定後見制度と言います。

その他にも、今はまだ親がしっかりしていて自分で財産管理が出来ているとしても、いずれそれができなくなってしまうこともあります。そういうことに備え、今のうちに信頼できる人と後見人制度を締結しておくということもできるのです。こうした制度を任意後見制度と言います。

このように成年後見制度には、法定後見制度と、任意後見制度があり、違いは判断能力があるかどうかということですまた法定後見制度にも、後見、補佐、補助と3つの種類があり、それぞれ判断能力の程度によって区別されます。とにかく親の財産管理は重大な問題です。お金が絡むことで、様々なトラブルの原因ともなりかねないのです。要らぬトラブルに巻き込まれないためにも、成年後見制度について弁護士に相談するといいでしょう。

Pocket